in

製造業もリモートワークを!

テレワーク

製造やサービスは現場にこそ価値がありますが、リモートワークをどんどん進めるべきです。実際、大企業や外資系ではリモートワークを推奨しているところが出ていますね。中小製造業では恐らくほぼ実施されていませんが、少しでもできることからと思います。

なお誤解のないように、リモートワークと在宅勤務は似ていますが少し違います。社外で作業することをリモートワークと言います。在宅勤務は自宅を作業場所とすることです。自宅に引きこもって仕事をするというより、場所を選ばず成果重視で仕事をすることが大切です。

1.リモートワークを導入する理由

私が考えるリモートワークを導入する理由は5つあります。

①移動や会議のムダを付加価値に変える
②中小企業も近い将来グローバル化が必要。今からリモートに慣れる
③意思決定や行動のスピードを速くできる
④働きやすい環境を作る
⑤BCP(事業継続計画:災害やパンデミックへの対応など)

私は①は前提で、②と③まで目的と捉えることが大切と考えます。意思決定や行動のスピードを考えると、何かを把握する時にいちいち会社に行って人の話を聞く必要があるのは難ありです。例えば、客先で在庫量や生産状況を即座に確認して納期回答できる、社外の勉強会先から設備の稼働状況が確認できる、緊急時にTV会議がすぐにできる、などリモート作業が会社のスピードを上げます。

②はまた別の記事で詳しく解説しますが、中小規模の製造業でも今後海外に出ることが重要になってきます。海外に出ようと思ったときは既に危機的状況の可能性もあり、その時にITツールを使いこなせていないだけで出遅れます。

メリットが大きくコストもかからないので、やらない理由はあまりないと考えます。

2.大人な組織であることが大前提

リモートワークの条件は、簡単に言うと「大人な組織である」ことです。成果物に焦点を当てることができ、やるべき時にやるべきことをやるべき方法でできる人はどこで仕事をしていても全く問題ありません。

逆にダメなのは、リモートだとサボる・他の人と作業時間が変わる、などと考えてムダな管理しようとすることです。家で何をしているか、8時間ちゃんと稼働しているかの管理をすると、効率化の効果はきれいサッパリなくなります。

ある企業では、事前申請で作業内容を報告して事後にも作業結果を報告する、報告する側も誤魔化すので、たまに電話する、というようにムダの極みのような制度になっていました。やはりその企業はリモートワークとは関係なく、そんな組織でしたので業績は落ちました。

3.簡単なツールの活用から始めよう

会社の状況をリアルタイムで外部からアクセスするのは、結構なシステムが必要です。営業状況だけならセールスフォースなどで簡易的に作ってしまえば費用も期間も少なく開始することは可能ですが、取り急ぎもっと簡単にツールを使うことから始めることをオススメします。

ZOOMSkypeで外出先からTV会議をする
slackでチャットや掲示板を活用したり、各種ツールにアクセスする
G Suite(Googleのメール、カレンダー、ドライブなど)を活用する

私はいくつか作業場所があり、これらのツールやそれ以外も使っています。ちょっと気分転換に作業場所を変えたり、緊急の作業は場所に注意して色んなところで作業しています。なお、これらのツールは世界中で使われている(中国など例外はある)ので、海外の人とも同じツールを使えます。

5.リモートワークの準備を始めよう

簡単に言うと「ちゃんと担当者を置いて、詳しい人に相談する」「担当者がとりあえずツールを使ってみる」ということをすぐやりましょう!これだけだとあまりにも乱暴と怒られそうなので、シンプルに準備をまとめます。

①数名がとりあえず1ヶ月使ってみる

・新しいことに興味を持ってくれる人を数人指名する
・少しでもリモートでやってみたいことを考えてツールを使ってみる

②試用した数名がリモートワークの企画をする

・目的を明確にする
・適用範囲、使用ツール、予算(少しでいい)、進め方を決める
・(必要であれば)ネットワーク環境を確認する
・リモートワークの状況を確認する仕組みを作る

③社内に社長から啓蒙活動する

④対象者にセキュリティの教育をする

⑤リモートワークの状況を確認し、改善する

・リモートワークを進めながら大人な組織にする

一番気になるのは「誰がリモートワークできるか」ですよね。私は現場で作業している人以外全員できると思っています。生産状況や設備の状態はデータをリモートで見れます。「何かあったら」と言われることがほとんどですが、要は駆けつける手間と時間の問題で、そもそも何もないように改善すればいいのです。感覚的にはトラブル時にラインを止めるのと同じことです。痛い目に遭いたくなければ改善です。

6.まとめ

中小であろうと大半の企業が海外を意識せざるを得ない状況になります。そういったことに備える上でも、グローバルでも通用するITツールを活用することは必須になります。働き方改革で推奨することは間違いで、こういった戦略的なことやスピードを理由にリモートワークは進めるべきです。

明日からツールの試用をやりましょう!

Written by 辰巳 竜一

中小製造業を応援しています! 辰巳工業株式会社元取締役、中小製造業向け経営コンサルタント(株式会社ヴィサイプ代表取締役)。家業の鋳物工場の成長させた実績から、現在は中小企業のブランディング(国内および海外)や事業戦略から現場改善への一連の統合した活動を支援。

What do you think?

伊藤鉄鋼

世界の中での日本の製造業の技術力