in

日本の製造業が世界市場で他の製造業と比較してどこが優れているのか、そして今後も変わらぬ強みとなるのか?

製造業は、ここ数年でさまざまな変化を経験してきました。3Dプリントや人工知能などの新技術の登場から、ERPシステムの台頭まで、大小を問わず、製造業は無駄を省き、適応力を高め、独自の強みを意識して対応しなければなりません。

進歩のスピードはたくさんの新たな機会を生み出していますが、同時に課題ももたらしています。特に、組織が自社の強みや今後のトレンドを活かすことができない場合は、進歩のスピード自体が課題となります。

特に日本ではその傾向が顕著です。新しい技術や製造方法は、日本の製造業のあり方や競争の仕方を変えています。日本の製造業を見てみると、オペレーション効率の良い様々な企業があります。

したがって、日本の製造業で働く場合でも、日本の産業に興味がある場合でも、これらのトレンドや変化、特に変化し続づける世界で日本の製造業が持つ強みに注目することは非常に重要です。

そうすることで、現在の状況を理解し、日本の製造業が世界市場で他の製造業と比較してどこが優れているのか、そして今後も変わらぬ強みとなるのかをより深く理解することができるでしょう。

以下に、日本の製造業が他の製造業と比較して優れている分野をいくつか紹介します。日本の中小製造業がなぜ競合他社に打ち勝てるのかについてを考察したいと思います。最終的には、日本の製造業が、世界中の競合に打ち勝つためのいくつかの重要な点があることがわかります。

日本が世界で最も競争力のある製造業国の一つに復活しつつある

日本の製造業は、伝統的な製造業から先進的な製造プロセスへの変革をリードしていると思われています。

実際、経済産業省は「高度製造業」を日本の重要な成長分野の一つとして位置づけています。具体的には、先進的な製造プロセスとは、IoTやスマートファクトリーアプリケーションに関連する技術を意味します。2020年までに日本の高度製造業は30兆円(約2700億ドル)に達すると予測されています。

デロイトが行った2016年の調査によると、日本は製造業において第4位の競争力のある国であり、3年前の10位から大幅に上昇しています。

これらの傾向はいずれも、日本が世界で最も競争力のある製造業国の一つに復活しつつあることを示しています。しかし、日本の製造業、特に小規模な製造業は、具体的にどのような強みを持っているのでしょうか。

IoT技術を活用している企業がある一方で、オペレーションやメンテナンスなどの分野での展開はやや少ない

日本の製造業を見てみると、日本の製造業はIoTなどの技術に長けていることがわかります。IoT技術とは、基本的にはインターネット接続を物理的な機器や日常的な物にまで拡張したものです。

スマート冷蔵庫、オーブン、ホームセキュリティシステム、さらには自動車までもがIoT技術を活用しています。IoT技術は、「ただの」物体を「スマートな」ものにし、最終的には消費者や企業の多くの問題を解決することができます。

日本の製造業は、IoT技術の強みを意識しています。彼らは技術そのものを開発し、工場に技術を取り入れてきました。簡単な例を挙げると、日本の製造業は、インターネットに接続するために、モノ(そして近々人も)に埋め込むセンサーを開発してきました。

工場へのIoT導入の現状については、日本の製造業の約2万社を対象にした最近の調査から、いくつかの重要な知見が得られました。

それによると、生産工程の可視化などの分野ではすでにIoT技術を活用している企業がある一方で、オペレーションやメンテナンスなどの分野での展開はやや少ないということです。そのため、経済産業省では、中小製造業がより早いペースでIoT技術を導入できるように支援する体制をつくっています。

日本の製造業はIoT技術の力を理解し、日本政府の支援を受けて導入することになります。今後、日本の製造業にとって、IoT技術はより重要な要素になっていくでしょう。

世界はカイゼンと日本のオペレーションの効率化の力を認めていますが、日本企業はさらに限界に挑戦し続けている

日本の製造業はIoT技術だけでなく、オペレーション効率の良さでも知られています。グローバルに事業を展開するビジネスパーソンであれば、ほとんどの人が日本の製造業のオペレーションの効率化について一度は聞いたことがあるでしょう。

カイゼンのような概念が世界中で研究されるようになったのは1980年代に入ってからです。カイゼンは世界の他の工場でも導入されていますが、日本の中小製造業は今もなお、オペレーションの効率化のための革新を続けています。

この戦略の多くは、IoT、ビッグデータ、人工知能などの破壊的な新技術に関係しています。ビッグデータ分析を活用することで、日本の製造業は工場の稼働率を高め、生産性を向上させることができます。彼らは、富士通などの日本企業が開発した技術を活用することで、これを実現することができるのです。

世界はカイゼンと日本のオペレーションの効率化の力を認めていますが、日本企業はさらに限界に挑戦し続けています。

日本企業は工場の効率化と生産性の向上を重要事項と位置づけ、それを実現するために努力しています。世代を超えた知識と完璧を目指した絶え間ない努力があれば、日本の中小製造業は必然的に成功を収めることができるでしょう。

日本の人材は工場でイノベーションを起こしてきた歴史を持っている

日本の製造業がオペレーションの効率を重視していることが日本の中小製造業のもう一つの強みにつながっています。それは日本の製造業は優秀な人材を擁しているということです。

製造業の競争力を高めるためには、技術力がますます重要な要素になってきています。しかし、もう一つの大きな要因は、過小評価されているかもしれませんが、人材です。製造業は、最高の最先端技術を持っていても、質の高い人材がいなければ、競合に勝つことは難しいです。

そこに日本の製造業の優位性があります。関連する話として、日本の人材は工場でイノベーションを起こしてきた歴史を持っています。製造業のCEOから工場の現場にいる個々の人材に至るまで、日本の中小製造業は人的資本に頼って競合を圧倒しています。

実際、デロイト社のグローバル製造業に関する調査によると、日本の製造業の人材のレベルは世界で2番目に高いとしています。日本政府もまた、職業訓練に多額の投資を続けているように、日本に内在する才能を認めています。製造業も政府も、人材は他国の競合に勝つことができる強みであることを認識しています。

ブルームバーグによると、製造業で働いている人は、他の労働者よりも所得が高い傾向にあります。製造業の労働者の賃金は、非製造業の労働者と比較して高くなっており、日本の製造業部門の経済パフォーマンスの向上を示しています。日本の製造業で働く人は才能があり、意欲的で、業務効率を優先する集団意識を持っていると言えます。

自動化によって日本の製造業者は、その人材をさらに生産的で効率的になる

最後に、日本の中小製造業は自動化技術を活用しています。実際、ヘネシー・ファンドによると、日本はファクトリーオートメーション革命で世界をリードしている国の一つであると言われています。

特に、世界的にロボティクスやオートメーションシステムの需要が高まっていることから、これはとても重要な要素です。Tracticaによると、世界のロボット市場は2022年には2370億ドルに成長すると予測されており、これは2018年の600億ドルから4倍に拡大しています。

自動化における日本のリーダーシップと、非常に優れた人材基盤の組み合わせは、日本の製造業の非常に競争力の源です。例えば、日本の忍野にあるファナックの工場では、産業用ロボットが実際に他の産業用ロボットを生産しています。

生産するロボットは、実際にはシフトごとにわずか4人のスタッフによって監督されています。このタイプの自動化は、どのような工場でも非常に効率的にすることができます。

日本の労働者は、同等の品質の製品を生産するのに十分な才能を持っていますが、自動化によって日本の製造業者は、その人材をさらに生産的で効率的になるようによりよく配置することができます。

競争が激化している世界では、自動化は競争上の優位性を生み出すための重要な要素です。

日本の製造業はグローバル市場での競争優位性を得ている

上に述べたことは日本の中小の製造業者の利点についてです。繰り返しになりますが、日本の製造業者は技術を活用し、業務効率を徹底的に追求し、非常に熟練した人材を活用しています。これらすべての利点が相まって、日本の製造業はグローバル市場での競争優位性を得ています。

しかし、問題はこれらの優位性が持続可能かどうかということです。将来を予測することは本質的に不可能ですが、これらの強みや優位性の一部を強めたり弱めたりする可能性のある変数は無数にあります。

とは言え、日本の製造業には根本的な優位性があります。製造業界からも日本政府からも、ポテンシャルと効率性に絶え間なく焦点を当てることで、日本の製造業がこれらの優位性を維持できる可能性が大幅に高まります。これらの優位性は、日本のビジネスや社会に根付いており、取り除くことはほぼ不可能だと思います。

したがって、変化し続ける世界の中で、日本の製造業はこれらの強みをいかしし続けることができ、これらの強みは今後も相互作用し、日本が世界のトップ製造業であり続ける構造は保たれると思います。

Written by 日比 章善

What do you think?

辰巳工業現場

製造業の事業承継の事例とそこから見えること

マスク製造で話題の企業のライン立ち上げを考察してみた