in

アフターコロナのオンライン展示会の活用

Exhibition

コロナ禍が収まらず、コロナとともに生活するニューノーマルが定着しつつあるなか、中止を要請されているイベント類を再開する目途がなかなかなっておらず、展示会もキャンセルかオンラインでの実施への変更になっています。また、訪問営業もままならない状況下で、新規の顧客獲得が進まず、悩んでいる企業も多ことかと思います。

そのような中でもオンラインの活路を見出す企業も多く、デジタル化が進んでいますが、今回は展示会をオンラインで行うオンライン展示会について考察したいと思います。

アフターコロナ/ウィズコロナの時代の新規顧客獲得の参考にしてください。

 

オンライン展示会とは

オンライン展示会とは、インターネットのWebページで企業の紹介やその企業の持つ商品、技術を文面と画像、ときには動画を使用して紹介するもので、それらの企業紹介ページをまとめたサイトになります。要はその名の通り展示会をオンラインで実施することで、オンライン展示会の実施は様々な形式があります。

期間的なものでみると、オンライン上で常に行っている「常設型オンライン展示会」とリアルの展示会のように開催期間を決めて行う「期間限定型オンライン展示会」があります。「常設型オンライン展示会」は実はコロナ以前から様々な会社が取り組んでおり、コロナ以前ではB2Bマーケットプレースと言われていたことが多いように思います。製造業界で世界的に最も有名なB2BマーケットプレースはAlibabaです。中国の工場の紹介から始まったAlibabaはいまでは世界を代表する企業となりましたが、このAlibabaも現在はB2Bマーケットプレースを「オンライン展示会」と言っています。「期間限定型オンライン展示会」もコロナ以前から取り組みがありました。特にITの分野ではオンラインでの展示会、カンファレンスが行われることがありました。製造業界でのオンライン展示会は実施されることはあまりありませんでしたが、コロナの影響でリアルの場での展示会がキャンセルが相次ぐなか、展示会のデジタル化を進めオンラインでの実施を発表している展示会も多くあります。「期間限定型オンライン展示会」はオンラインマーケティングを支援する会社がマーケティングの一環として出展企業を募り、開催するところも出てきています。

これらのオンライン展示会のそれぞれの特徴をもう少し詳しく見ていきます。

 

リアル展示会のデジタル化による「リアル型オンライン展示会」

リアルでの展示会のコンテンツをなるべくオンラインで実現しています。構成はキーノートスピーチ、ブレークアウトセッション(スピーチ、パネルディスカッションなど)、出展企業の展示、オンライン商談、訪問者履歴がおもなものです。リアルの展示会での実績があるため、スピーカーが充実しており、また出展企業も多く、比較的大規模で実施されることが多いです。

コンテンツ

展示会の実績とネットワークにより、充実したスピーカーを揃えています。また、セミナーセッションも充実していることが多いです。

ネットサービスとしてはまだまだな部分が多く、出展企業の情報や商品、技術情報をオンラインで見せる方法はまだ模索している感があります。3DやARなどを活用してより現実に近い形での出展ブースを実現しようとしているところもあります。

集客

CEATECなどブランドがあり、集客力があったリアル展示会は、オンラインでもある程度の集客力が期待できます。特に過去のリアルの展示会の参加者のコンタクト情報を持っているため、そこからのオンラインへの誘導が期待できます。ただ、リアルの展示会開催でも、Webページはつくりチケット販売のプロモーションはオンラインでも行っていたたため、オンライン展示会になったことによる新たなチャネルによる集客が見込めるということはあまりないと考えられます。

コスト

リアル展示会と同様の出展費用がかかることが多いです。金額も数十万~とリアル展示会なみの金額を設定しているところも多いです。

総括

集客力があるのは非常に魅力的ですが、リアルの展示会では、出店者側が歩いている人、ブースに入ってきた人の顔色を見ながら声をかけ、名刺交換につなげることができます。さらにコミュニケーションの内容でその人の興味度合いを知ることもできます。その反面、オンライン展示会では出展者側から顔色を見ながらのアプローチはできません。自社のページを訪問した参加者を足あととして確認できる機能を提供するところもありますが、ただでさえ様々な人が展示会に来ていることを考えると、リードの質としては悪くなりがちで、その中から興味度の高い訪問者を特定するのは難しいため、出展費用が比較的高いことを考えると、コストパフォーマンスをしっかり検討する必要があります。

オンラインマーケティング会社などによる「マーケティング型オンライン展示会」

オンライン広告やSEO対策によるWebページへの集客のノウハウを生かし、PR及びマーケティングの一環としてオンライン展示会を実施し、企業に提案しています。コロナ禍でリアルの展示会が中止になる中、オンライン展示会を実施するオンラインマーケティング会社が増えました。

コンテンツ

Webページ制作のスキルを持つ場合が多く、企業、製品、技術ページを動画と画像をうまく使いページを制作できることが多いです。出展企業は新たに獲得しているため、それほど多くなく、比較的質を重視して獲得している傾向にあります。

出展企業獲得に力をいれており、スピーカーやセミナーに関してはそれほど力を入れていないことも多く、ノウハウもないため充実しているとは言えないです。

集客

オンライン広告、SEO対策を中心に、YouTube動画やSNSも活用して、オンラインマーケティングのノウハウを存分に発揮し、集客しています。そのためリアルの展示会ではリーチできない層にもリーチし、展示会への誘導ができる可能性があります。ただし、製造業に強みを持つオンラインマーケティングを行っている会社は少なく、製造業に関わるキープレーヤー、ディシジョンメーカーの集客という面では未知数な部分が多いです。

コスト

ページ制作の費用がかかる場合があります。出展費用はリアルの展示会への出展費用と比較して安価に設定されていることが多いです。オンラインマーケティング費用の負担を求められる場合もあり、その場合は費用がかさむ傾向にあります。

総括

オンラインでのマーケティングノウハウがあるため、オンライン上での見せ方も工夫されています。スピーカーによる集客だけに頼るわけでなく、あらゆるオンラインチャネルを活かして集客していて、リーチできる幅も広い傾向にあります。その反面、製造業に特化しているわけではなく、どちらかというとITよりな面が強いため、製造業のオンライン展示会で有望なところはまだないと言えます。

常に行われている「常設型オンライン展示会」

元来はB2BマッチングサービスやB2Bマーケットプレースと言われるサービスで、オンライン上で企業と企業をマッチングさせ、取引につなげるオンラインサービスで、コロナ禍でわかりやすいようにオンライン展示会ということが増えてきています。

期間を限定しているわけではなく、常にオンライン展示会をとしてサービス展開していて、出展はいつでもできるし、いつでもやめることができます。利用者もサイトを訪問し、いつでも出展企業の情報を閲覧することができます。

コンテンツ

常に出展企業を獲得しているため、基本的には出展企業数は増えています。各企業は企業情報も製品や技術情報も常に更新して充実させることができ、また動画や画像の活用のできるため出展企業情報は充実していることが多いです。

出展企業、製品、技術情報を展示していることが中心のため、キーノートスピーチやセミナーが常に実施されているわけではないです。しかしながら、定期的にテーマを決めての、スピーチやセミナーのライブ動画配信が行われています。

集客

24時間365日、いつでもオンラインでの集客を行っているため登録ユーザー数は増え続けていると考えられます。また、オンライン広告、SEO対策、YouTube動画やSNSなどのオンラインマーケティングのノウハウを持っていることが多く、オンラインで集客は強いです。

また、製造業に特化し、さらに国外向けに絞っている場合もあり、海外のハードウェア会社の関係者などに適切にリーチすることができます。

コスト

出展費用が月額でかかることが多いが、金額は数万円レベルの場合が多いです。また、プラットフォーム(Saas)型であることが多いため、ページの制作などは素人でも比較的容易に行うことができます。

総括

製造業に特化していて、オンラインでの見せ方も工夫があり、集客力もあります。リアル型及びマーケティング型と比較して期間が限定されていないことから、爆発的な集客は期待できません。しかしながら、常にリード獲得ができるという利点もあり、比較的コストパフォーマンスがよいため、リード獲得として試してみるのは良い方法です。

最後に

常設型オンライン展示会を行っている場合に、期間を定めてイベント的にテーマ特化したオンライン展示会を行うなどのハイブリッド型も出てきています。リアルの展示会が少しずつ実施され始めていますが、オンライン展示会の活用は今後も進んでいくと考えられます。

ManuTechは製造業と海外に特化したオンライン展示会ですが、今後もさまざまなオンライン展示会が出てくるため、目的に合った展示会でリード獲得のコストパフォーマンスをしっかりと検討して出展を決めていくことが重要です。

Written by 日比 章善

What do you think?

株式会社マルマエ 前田社長に聞く、『半導体市場の今後、マルマエの未来』

中小製造業へ向けた情報セキュリティ講座_その7_暗号化方式について